避妊パッチ エブラ 通販

避妊パッチEvra(エブラ)を通販で激安で購入|避妊確率は?

避妊パッチEvra(エブラ)を激安・最安値で通販購する

避妊パッチEvra(エブラ)を通販で激安・最安値で購入できる個人輸入のサイトをご紹介します。安いことも大事ですが、医薬品なので安心、安全の上での最安値が大事ですよね。私が利用しているのは、個人輸入代行のネット通販サイト「オオサカ堂」さんです。1997年から個人輸入業を行っている老舗店なので安心して購入できます。そして他の通販サイトと比べ、全国送料無料が嬉しいところです。

避妊パッチEvra(エブラ)とは

避妊パッチEvra(エブラ)

避妊パッチEvra(エブラ)は身体に貼るだけで、低容量ピル(避妊薬)と同様に避妊率をあげてくれる女性用の避妊方法です。しかし、避妊パッチEvra(エブラ)は避妊方法としてまだメジャーと言うわけではありませんので、使用に不安を覚える方もいるかもしれませんが、使用方法は非常に簡単なので安心してください。皮膚に馴染む肌色で、厚さも薄いので、仮に貼っている部位を見られてもそれが避妊パッチだと知られる事は無いでしょう。また非常に剥がれにくいよう設計されており、お風呂やプールで水の中に居ても剥がれないように出来てるので、知らない間に剥がれてしまっていたと言う事もありません。

避妊パッチEvra(エブラ)の避妊効果は?避妊率はどのぐらい?

避妊パッチEvra(エブラ)には低用量ピルと同じだけの効果が得られます。もちろん正しい使用法をした場合の話ですが、避妊パッチEvra(エブラ)の避妊率は99%とかなり高いものになっています。

避妊パッチEvra(エブラ)の成分について

避妊パッチEvra(エブラ)の主成分は「ノルエルゲストロミン」と「エチニルエストラジオール」です。ノルエルゲストロミンは黄体ホルモン、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンになります。この2つを体内に継続放出して、排卵を阻害します。上半身や下腹部、お尻にパッチを貼る事で成分が皮膚から浸透していき、避妊に至ると言う仕組みです。成分を浸透させ、十分な効果を得るためには、パッチは一週間貼り続け、一週間したらまた新しいパッチを貼る、と言う行程を三週間行わなければなりませんが、非常に剥がれにくく水にも強いため、一度貼ってしまえばその後は特に意識せず生活する事が出来ます。

避妊パッチEvra(エブラ)はアフターピルとは違う?

避妊パッチEvra(エブラ)はアフターピルとは違う?のイメージ

女性の避妊方法として、アフターピルもありますが、アフターピルと避妊パッチEvra(エブラ)はどう違うのでしょうか。

避妊パッチEvra(エブラ)とアフターピルの一番の違いは、避妊を性交渉の前にするか、後にするかという点です。避妊パッチEvra(エブラ)は生理が始まってから24時間以内にパッチを貼る事で避妊をしますが、アフターピルはその名称からも分かる通り、性交渉の後に服用する事で避妊を行います。

アフターピルは、避妊パッチや低用量ピルを飲んでない上で、他の避妊方法(コンドームなど)に失敗した場合、女性が72時間以内に服用し避妊を避けるピルになります。飲み続けるものではないので、こちらの方が便利な印象を受けますが、アフターピルは飲むタイミングが遅ければ遅いほど避妊効果が下がってしまいます。また吐き気などの副作用も強いため、のみ続けるのではなく、緊急用にしておいた方が良いでしょう。

アフターピルの避妊成功率

直後~12時間以内
99%
24時間以内
95~98%
72時間以内
75%~90%程

アフターピルは、ノルレボのような性交渉後72時間以内に飲むものが一般的ですが、最近では5日以内に飲むエラワンも人気が高いようです。

避妊パッチEvra(エブラ)と低用量ピル 使用感や副作用の違い

望まない妊娠を避けるための手段としてメジャーなのが、低用量ピルです。この低容量ピル(避妊薬)と避妊パッチEvra(エブラ)の避妊への効果にはほとんど違いがありませんが、使用方法と副作用に違いがあります。

まず使用方法でいうと、低用量ピルは、毎日決まった時間に飲む必要があり、飲み忘れる可能性があります。一方、避妊パッチEvra(エブラ)は、一枚を一週間貼り続けるので、一度貼ってしまえば一週間は何もしなくても良いという点で、手軽さがあります。

そして副作用の点でいうと、両方とも不正出血、頭痛、嘔吐などの副作用は見られますが、避妊パッチEvra(エブラ)の方が低容量ピルよりも副作用を感じる割合が少ないと言われています。

避妊パッチEvra(エブラ)の副作用

避妊パッチEvra(エブラ)は、低容量ピルのような経口避妊薬とは違う、皮膚にパッチを貼り付けるタイプの避妊薬ですが、このようなタイプであっても副作用が引き起こされる事があります。避妊パッチEvra(エブラ)で引き起こされる可能性がある副作用は、乳房症状、悪心、嘔吐、頭痛、腹痛、月経困難症、不正出血、月経障害、気分障害、不安症状などです。しかし、他の避妊薬に比べて副作用が少ないと言われているのも事実です。もちろん絶対ないとは限りませんので、もし避妊パッチEvra(エブラ)で強い副作用を感じた場合は、すぐに使用を止めるようにしましょう。

また、Evra(エブラ)は皮膚に貼るパッチなので、同じ場所にパッチを貼り続けていたり、体調や肌質によっては皮膚がかぶれる可能性があります。パッチを一度貼ると、そのまま一週間貼り続ける事になるので、かぶれ防止のためにも貼り替える際には別の場所に貼るようにしましょう。

避妊パッチEvra(エブラ)の注意事項

以下の方は避妊パッチEvra(エブラ)を使用しないでください。

  • 動脈または静脈血栓症のリスクが高い方
  • 乳がんまたは他のエストロゲン、プロゲスチン感受性のがん疾患を患っている方
  • 肝腫瘍または肝疾患を患っている方
  • 医師に診断されていない異常な子宮出血がある方
  • 妊娠している方

ホルモン製剤を服用すると、血栓症のリスクを高めると言われています。該当しなくても不安な人は、血液をサラサラにするサプリメントも合わせて飲むと安心です。

避妊パッチEvra(エブラ)が購入できる通販サイトはどこ?amazonや楽天で購入可能?

皮膚に貼るだけで避妊をする事が出来る避妊パッチEvra(エブラ)ですが、一体どのように購入すれば良いのでしょうか。避妊パッチEvra(エブラ)を街のドラッグストアで見た事があると言う人は少ないはずです。そもそもEvra(エブラ)は他の避妊薬や避妊具ほど簡単に手に入れる事が出来るものではありません。それもそのはず、日本では殆ど出回っていない避妊パッチなのです。では、Evra(エブラ)はどこで購入したら良いのでしょうか。

通販サイトと言えば、日本ではamazonや楽天がメジャーですが、残念ながらamazonや楽天でEvra(エブラ)を取り扱っているショップはありません。避妊パッチEvra(エブラ)を手に入れたいのであれば、先ほどご紹介したサプリメントやお薬の個人輸入代行のオオサカ堂を利用すると良いでしょう。お薬は偽物も出回ることが多いので、安いからといって、安易に知らないサイトから購入しないようにしましょう。

避妊パッチEvra(エブラ)の使い方

避妊パッチEvra(エブラ)の貼る場所
上半身、下腹部、お尻のいずれか一箇所に

避妊パッチEvra(エブラ)は基本的に3枚セットで購入する事になります。そしてこの3枚を全て使用するまでが1セットです。まず最初に貼る1枚目は、タイミングが重要です。いつ貼っても良いと言うものではないので注意しましょう。1枚目を貼るタイミングは、生理開始から24時間以内です。貼る場所も重要で、上半身、下腹部、お尻のいずれかに貼りましょう。Evra(エブラ)を見ても避妊パッチと気付く人は殆ど居ませんが、「これ何?」と聞かれると気まずい思いをするため、人に見られる可能性が殆どない場所に貼れるのは嬉しいですね。避妊パッチEvra(エブラ)は非常に吸着力が強いパッチなので、一度貼ってしまえばその後暫くは長持ちします。一週間貼り続けたら、1枚目とは違う場所に2枚目を。さらに1週間貼り続けたら、また違う場所に貼りましょう。3枚目を1週間貼ったら、次の1週間はパッチを使わずお休み。このタイミングで生理が来ますので、あとはまた1枚目からの行程を繰り返すだけです。

同じ場所に貼ってはいけないということはありませんが、肌荒れを起こすこともあるかもしれませんので、なるべく違う場所に貼りましょう。また、貼るときはお風呂上がりの清潔なときに、しっかり乾かして乾燥した状態で行ってください。

避妊パッチEvra(エブラ)の口コミ

  • 以前は経口のモノをつかっていたのですが、副作用に悩まされ3ヶ月程で利用を辞めました。ずいぶん、副作用も落ち着いてきたので違うタイプのものをとこちらを使い始めました。剥がれることもないし、飲み忘れなんかもないので安心して使っています。
  • 3年ほどリピートしています。私は基本的に腰かお尻の左右4箇所をローテーションで貼る場所を変えていますが、お風呂あがりすぐより、肌が完全に乾いてから貼った方が張り替え時期までにフチがはがれてくることが少ないかと。やはりほかの方も書かれているように、蒸れてかゆくなるのと、はがした跡が汚いのが☆-1ですね。彼とはゴムなしですが避妊に成功しております。
  • パッチタイプで、1週間貼り続けたままでいられます。お風呂に浸かっても、剥がれることはありません。ただ、1週間貼ったままなので、剥がしたあと、貼り跡が少し残ります。飲み忘れることもないので、非常に管理するのに楽です。
  • 低用量ピルを服用していましたが、急に胃に合わなくあってしまったためか気分が悪くなってしまうようになり、悩んでいましたがこちらにしました。経口ではないので副作用もなく最初は胸の張りがありましたが今は落ち着いています。飲み忘れる事もなくとても楽です。一つ欠点といえば、シールを貼った周りにどうしても衣類のほこりがついてしまうとこです。インナーなどを普段着用しない方ならばそこまで付かないと思います。
  • ピルのように毎日飲み忘れを気にしなくてもいいし、貼るだけで手軽なので購入しこれだけでは不安なのでほかの避妊法と併用しています!

避妊パッチEvra(エブラ)はこんな人に向いています

避妊パッチEvra(エブラ)は、毎日低用量ピルを飲み続けなければならないのを面倒だと感じている人や、ついつい飲み忘れてしまうと言う人に向いています。何せ、一度貼ってしまえば一週間貼り続けているだけで良いので、どんな面倒くさがりな人でもさほど苦労せず使用し続ける事が出来るはずです。

また避妊パッチEvra(エブラ)は副作用が軽い事でも知られています。低用量ピルを使用していたけれど、副作用が辛いと言う人は避妊パッチEvra(エブラ)を試してみると良いでしょう。副作用が強く出ると体調を崩してしまうばかりかストレスにもなってしまい、パートナーとの関係もギクシャクしてしまいがち。貼るだけの避妊パッチEvra(エブラ)ならばストレスフリーで避妊を行う事が出来ます。